キャッシングに潜む罠には注意しよう

金融業を行う場合は金融庁に登録しなければならず、それは銀行も消費者金融も同じ事です。
大手が取り扱っているキャッシングは問題が有りませんが、090金融のように登録番号も明示していない業者からお金を借りると大変なことになります。
登録しているキャッシング会社と違い、090金融は利息制限法で規定している上限金利を無視して利息を請求してくるので、とても恐ろしい存在です。
本来なら借りたお金全額返済する義務は無いので、弁護士等の法律家に相談すれば返済はしなくて済むのですが、嫌がらせをしてくる可能性があります。
頼んでもいない出前が届いたり、ひっきりなしに嫌がらせの電話がかかってきたりする場合があります。
090金融で利用している携帯電話もプリペイド式や犯罪がらみでだまし取った電話の可能性があるので、すぐに使用不能になり元をたどって警告する事も出来ない事がほとんどです。
すぐに名前を変えて新しい090金融を営むことで、警察当局から身柄を交わして違法なキャッシングの運営を行います。
電話一本で手軽にお金を借りられる安易な審査は、きちんとした金融会社のキャッシングでは行わないので、絶対に090金融を利用してはいけません。
金融庁にきちんと登録している金融会社でも、即日審査で即日融資をしてくれる会社は沢山あるので、後々嫌な思いをしないためにも正規の金融会社できちんと審査してもらい法定金利内で融資を受ける事が肝要です。